【文鳥】 アルビノについて

お疲れ様です。

ボクが飼っている文鳥は2羽

クリームイノ文鳥の『ハル』と桜文鳥の『ごま』

スナップショット 2 (2018-01-26 8-49)

最近ハルの左目の視力が弱くなってきているようです。

ここのところ、ボクの手を怖がるように飛ぶので、おかしいなーっと思っていたのです。

そこで、ハルを握って右目と左目の近くに指を近づけて反応をみたのですが、右目は指を認識して追いかけましたが、左目は反応がなく、あまり見えていないようです。

ボクを見る時も、右目を使って見ている事に最近気づいたのですが、左目が見えない為に、手を近づけると、いきなり目の前に指先が現れるように見えるらしく、怖がっているのかなーっと。

飛び方も不安定で、着地に失敗して床に不時着する事が多くなりました。

桜文鳥のごまと比較しても、少し危なっかしく飛んだりするので、今後は放鳥中は目を離せないなーっと。

文鳥は年齢を重ねると『白内障』と呼ばれる人間でも起こる目の病気が出てきます。

この白内障はなる子とならない子もいますし、人間と違い治療をする必要はないとボクは思っています。

文鳥は歳をとれば多かれ少なかれこの『白内障』が出てくるもので、例え白内障になったとしても、それで命を落とす事は絶対にありません。

歳をとった文鳥は、飼い主さんが優しく付き添って面倒を見てあげることで、目が多少見えにくくなったとしても、命をまっとうする事ができます。

鳥の手術は成功率が低く、相当に体に負担がかかります。
目が見えにくくなってきた文鳥さんは、飼い主さんだけが頼りです。

多少時間をとられても、一緒にいる時間を増やしてあげてください。

今回のハルは白内障とは少し違います。

ハルは生まれついての『アルビノ』なので、原種に近い桜文鳥や白文鳥に比べて、どうしても弱い部分があります。

文鳥で言うアルビノとは何か?


文鳥の種類・・・と言うか・・・色、カラーですね。

桜文鳥、白文鳥、シルバー文鳥、シナモン文鳥、クリーム文鳥

おそらくペットショップでみなさんが目にする文鳥はこの5種類。

元になっているのはインドネシアや海外の比較的暖かい地域にいる文鳥です。

江戸時代に輸入され、それを飼育された方が『桜文鳥』と『白文鳥』と呼ばれる品種を作り広めたのがきっかけで、現在も文鳥は日本で愛鳥として広く飼われています。

なので、日本にいる文鳥自体の歴史は長いのですが、シナモン文鳥やクリーム文鳥などはわりと最近出来た品種で、アルビノと呼ばれる目が赤くなる症状をもっています。

446

上の画像は桜文鳥のごま。

目は黒くまんまるでプリティーなのがお分かりいただけるかと思います。

073

こちらはクリームイノ文鳥のハル

白くもふもふしている生き物が、ティッシュペーパーを踏んで誇らしげにしていますね?

そして、よく見ていただくとお分かりいただけますが、目は赤色です。

写真では分かりにくのですが、頭の部分の毛も少しクリーム色です。

白文鳥に似ていますが、白文鳥との決定的な違いは、白文鳥は『アルビノ』ではないので、目は黒いのです。

文鳥で言う『アルビノ』は、シナモン文鳥とクリーム文鳥です。

アルビノとは、体毛や皮膚が白っぽくなり、瞳孔は毛細血管の透過により赤色になります。

劣性遺伝や突然変異により発現する事が多く、野生で生まれた場合、体質が弱く外敵から狙われやすいために、生き残るのは難しいと言われています。

アルビノの症状

ホワイトライオンや白蛇なども『アルビノ』と呼ばれますが、一目瞭然なのが、体毛や皮膚が白い事。

そして、瞳が赤みを帯びていること。

アルビノは紫外線に弱く、弱視である・・・というのがアルビノの症状です。

なので、クリームイノ文鳥のハルは生まれついて目が弱いのです。

これは、ハルだけを1羽飼いで飼っていると気づきにくいのですが、桜文鳥のごまと比較するとよく分かります。

ボクはこれまで、桜文鳥と白文鳥、そしてシルバー文鳥を飼ってきました。

ハルははじめての『アルビノ』文鳥です。

結論から言うと、生きていくうえでアルビノでもなんでも関係はありません。

飼い主さんが『この子は目が弱いかもしれない』とか、『少し体力が無いかもしれない』と気遣って接しているだけで、何も問題はなく生きていけます。

ボクがハルを見ていて思うのは、やはり目が弱いので、飛び方が不安定で着地を決めかねながら下りている・・・ということ。

体力が無く、疲れやすいということ。

あとはアルビノとは関係ありませんが、パニック症状(てんかん)がでやすいところがあります。

てんかんとは

脳の疾患で『てんかん発作』と呼ばれます。

文鳥はこの『てんかん発作』が出やすい鳥です。

こうやって書くと恐ろしいかもしれませんが、ほとんどの場合良性です。

文鳥が発作を起こしても、飼い主は慌てずに文鳥が落ち着くまでジッと静かに見守って、優しく声をかけるだけで、ほとんどの文鳥は時間とともに元に戻っていきます。

大きな物音や、強い光、思いもかけない刺激を受けた時、文鳥はかなりの確率で『てんかん』を起こします。

飼い主が一番やってはいけないのは、慌てて大声を出して名前を呼んだり、飼い主自身がパニックを起こして文鳥を触らない事です。

てんかんの症状

てんかんを起こした場合、口を大きく開けて、目を大きく見開くかギュっときつくつむって、肩や胸で荒い呼吸をしています。

夏場や暑がっていると、似たように口で開口呼吸をしますが、てんかんを起こした時は、どんな文鳥も顔つきがひきつったようになります。

こうなると、飼い主が何をやっても逃げていくので、少し時間をおいて、そっとしておいてあげれば元に戻っていきます。

アルビノ文鳥は飼わない方が良いのか?

今回の記事をここまで読んで、『では目が赤い文鳥はダメなのか?』と思った方もいらっしゃると思うので、ボクの考えを書いておきます。

アルビノというものは、遺伝が関係しているようで、治療でどうにかなるものではないようです。

例えば、クリーム文鳥や、シナモン文鳥は、太陽の光(紫外線)に弱く、弱視な文鳥がわりといるのかもしれません。

もちろん、そんな事は関係なく全然元気な子もいるでしょう。

ボクが言いたかったのは、『この子は目が赤いアルビノだから、少し視力が弱いかもしれない・・・体力が少ないかもしれない』という事を、知識として持っていてほしいのです。

桜文鳥だから強くて長生きをする・・・とか、シナモン文鳥だから長生きは出来ない・・・とかではありません。

002

上の写真は、ボクが飼っていた桜文鳥『ぶんた』の足です。

ぶんたは生まれつき足が弱く、歳をとっていくとどんどん進行していき、歩くのも困難なほど変形していきました。

061

これはぶんたが9歳の時の写真です。

白内障で、もうほとんど目は見えていません、飛ぶことも出来ずに立っているのがやっとです。

ボクはぶんたがこんなになっても『生きてほしい』と思っていました・・・が。

ぶんたにとってそれは幸せなことだったのかどうなのか、正直今でも分からないんですよ。

元気に生きて、言い方は変ですが、元気に大往生を迎えてくれれば、文鳥飼いにとってこれほど幸せなことはないと思います。

ですが、寿命をまっとうできずに旅立つ文鳥や。

『ぶんた』のように、長生きはできても、色々不自由な思いをする文鳥もいて。

そういうのは『アルビノ』だろうが何だろうが関係はありませんよね。

手のひらサイズの文鳥に、いろんなことを学ばせてもらいました。

すべては飼い主さん次第です。

これから文鳥を飼おうと思っている方や、『アルビノ』というものをまだご存じない方に向けて、知っておいていただけたらな・・・と思い記事にしました。

それでは今日はこのへんで。

この記事を読んでいただき、ありがとうございます。
愛鳥ネーム入り なぁにデニムエプロン / シルエット 名入れ エプロン キッチン 喫茶 オーダーメイド 鳥グッズ ◎ ギフト プレゼント
愛鳥ネーム入り なぁにデニムエプロン / シルエット 名入れ エプロン キッチン 喫茶 オーダーメイド 鳥グッズ ◎ ギフト プレゼント


【石亀】ニホンイシガメの記憶力

お疲れ様です。

我が家のニホンイシガメ『かめよし』は、外に散歩に連れ出しても、飽きたらスタスタと我が家に帰っていきます。

今回はボクが飼っている、ニホンイシガメの知能や記憶力について、ボクの思った事や気づいた事を書いてみます。

その前に、カメはなつくのか?


よく例えられるのは、犬や猫のようになつくのか?

カメは人間が呼んでも尻尾を振りながら寄ってくる事はありません。

犬や猫と違い、ニホンイシガメは非常に性格が臆病で怖がりなので、『なつく』という事はほぼありません・・・が。

飼われた環境で数年かけてお世話をした場合・・・

飼い主の顔を覚え、声を覚え、足音や気配に反応するようになります。

ボクが飼っている『かめよし』が、散歩に出しても一目散に逃げ出さなくなるのに5年。

向こうから寄ってくるようになるまでに7年ほどかかりました。

カメの寿命は最低でも20年以上は生きると思うので、カメにとって7年8年はまだまだ人生の半分も生きていないわけです。

特に臆病な性格のニホンイシガメが飼い主に心を開くようになるまで、カメにとって人生の半分近い時間はかかるのかもしれませんが、確実になつくようになります。

カメはどこに何があるかを覚えている

広い場所で飼っている場合、カメはどんな物がどこにあるか覚えています。

自分のお気に入りの場所を作るのがカメの習性としてあるようで、基本的に水場が縄張りではあっても、一日の大半はまったく別の場所でジッと過ごしている事がよくあります。

157

『かめよし』の住処はここです。

しかし、1日中ここにいるわけではありません。

156

水場から上がった景色はこんな感じに。

このレイアウトを覚えるだけではなく、1日の日差しの差し方を記憶して、どこなら自分が1番気持ちよく過ごせるかを決めてそこでジッとしている事が多いです。

155

最近はずっとここにいます。

洗濯機のうしろですが、適度に湿度もあっていいのかもしれません。

カメはどこでも適当に過ごしているわけではなく、自分で好みの場所を考えて決めているのは間違いありません。

その場所が自分の気に入らない場所であれば、ジッとして過ごすなんて事は絶対にしないので、カメをストレスなく飼うのは意外と大変だと思います。

カメの記憶力

カメがどれほどの記憶力をもっているのか。

これをご説明するのに良い題材があります。

『カメは自分の住処を認識して、外に散歩に出しても帰ってくるのか?』

これは普通は『無い』です。

この『普通』とは、野生のカメの場合です。

ですが、飼われているカメだとどうでしょう?

答えは『帰ってくる』です。

どこから外に出て、どうすれば帰る事が出来るか覚えるんです。

カメは爬虫類ですが、爬虫類より知能が高いとされる哺乳類や鳥類でも、飼い主のところに帰るというのは簡単にはできません。

というわけで、実際に見ていただいた方が早いので動画を配信しました。

【石亀】ニホンイシガメの記憶力



黙々と家に帰っていくニホンイシガメですが、まだまだ底が知れませんね。

一応注意書きとして、ボクはカメの散歩中は常に目を離さないように、一緒にいて見張っています。

カメは足が遅いと思われている方が多いですが、実際はかなり早いです。

足音も無く移動するため、ちょっと目を離した隙に見失う可能性が非常に高いので、必ず近くで目を離さないようにしています。

万が一見失った場合、飼い主単独で探し出すのは絶望的です。

あとは、外敵であるカラスなど・・・っというか鳥類がかなり危険です。

ボクは一度かめよしを散歩中に、トンビにさらわれそうになった事があります。

当然目は離していませんでしたが、上空から超低空飛行できたんです。

難は逃れましたが、カメにとって鳥類は相性が悪く最悪です。

ボク個人でカメの散歩動画を出したりするぶんは趣味で終わるんですが、その動画を見てカメの散歩をして悲しい目に合わせないように、飼い主さんには注意していただきたいのです。

カメの寿命はボク達の身近なペットの中でも、おそらく一番長く生きる動物なので、もし飼われるのであれば大切に飼ってあげてください。

亀の飼育の苦労話しを記事にしています。
カメの飼育が難しい理由

それでは今日はこのへんで。

この記事を読んでいただき、ありがとうございます。
イシガメの里 (わたしのワンダーみぢかな生きもの) [ 松久保晃作 ]
イシガメの里 (わたしのワンダーみぢかな生きもの) [ 松久保晃作 ]

カメの飼育が難しい理由

お疲れ様です。

いま問題になっている、ミドリガメ(ミシシッピーアカミミガメ)や、かみつきガメは元々日本にはいなかった外来種(外国からきた)です。

それが日本のあらゆる川と池にいるのはなぜでしょうか?

答えは、『捨てられたから』

今回はカメの飼育の難しさを書く前に、捨てる理由を探してみましょう。

まず、小亀の頃の飼育は楽勝です。

手のひらより小さく、姿形は可愛く、声を出して鳴くこともないので、ほとんど手がかかりません。

カメは鳴かないので小亀の頃は大人しく可愛いのです。

水槽に水をいれて餌をあげる・・・極端に言えばこれだけでもカメは育っていきます。

ですが、いつまでも小亀のままではありませんから、カメが大人になってからお世話が面倒になってきます。

成長にともなって、亀はどんどん大きくなる

014

上の画像は、ボクが飼っている生後三ヶ月頃に撮ったカメです。

この程度の大きさなら普通の水槽で飼うのも楽にできます。

472

上の画像は同じカメで、生後10ヶ月経ったカメです。

この大きさでも水槽で飼う事は出来ますが、比べていただいても分かるのは、1年も経っていないのにハッキリと大きくなっています。

当然今後もすくすく育って大きくなっていく事を考えると、この水槽で飼い続けるのは厳しい・・・というか無理です。

411

ボクはもう一匹、ニホンイシガメの『かめよし』を飼っています。

上の画像は、『かめよし』当時8歳に、『かめじろう』当時生後三ヶ月を乗せた画像です。

まったく大きさが違いますが、今はまだまだ小さい『かめじろう』も将来的にサイズは同等か、それ以上に大きくなるかもしれません。

大きくなると何が困るのかと言うと。

水槽で飼うのが難しくなる


子亀のうちは、多少水槽内で暴れてもたいした事はありませんが、大人になったカメが水槽で暴れると『メチャメチャうるさい』です。

やはり甲羅は固く重いので、立ち上がったり、転がったりした場合などは相当に派手な音がします。

カメは水槽内で暴れるつもりはないのですが、小さな水槽でじっとしている事はまずありません。

外の世界を気ままに黙々と歩いていくのがカメの習性でもあるので、狭い水槽でいつまでもおとなしくするわけがないんです。

そもそも水槽は魚を飼うための物ですからね、魚とカメはまったくの別物と覚えておきましょう。

水替えがつらくなる

カメは魚と違い、食べ残しの餌の量やフンの大きさが違うので、新しく水を換えても簡単に汚れてしまいます。

おそらく、想像されているより遥かに水をよごすのがカメです。

ろ過装置も入れていますが、あまり意味はありません。

水が汚れる原因は『フン』ですね。

子亀の『フン』は大したことありませんが、大人のカメの『フン』は意外と大きいですよ。

もう一つの原因は、カメの甲羅には『コケ』がつきやすいのです。

この『コケ』が水を汚す原因にもなります。

ボクは毎日水を替えていますが、それでも半日でかなり濁っていたりする日もあります。

カメはとても綺麗な水を好む

水をよごすくせに、カメはとても綺麗な水を好みます。

特にニホンイシガメは、綺麗な水でなければすぐに病気になる事もあります。

ニホンイシガメは、現在【準絶滅危惧種】に指定されており、個体数が激減していますが、綺麗な川が少なくなった事も理由のひとつかもしれません。

なので、カメの水替えは避けては通れないうえに、替えてもすぐに汚されます。

毎日の水替えは、慣れてしまえばどうという事はありませんが、とにかく時間がかかります。

春夏秋冬・・・とくに冬場の水替えは大変です。

野生のカメは冬眠しますが、飼われているカメに冬眠はさせない方がいいとボクは思っていて、理由の一つにカメ自身に冬眠をさせる事が難しく、失敗して死にやすいからです。

これは、カメの冬眠を試みた方のブログや話しを読んでみるのが一番早いのですが

冬眠はリスクが高く、そもそもメリットは何も無いと考えているので、冬は水温ヒーターを使い、水温を適温に保って冬越しをさせる事をオススメします。

水温ヒーターを使わなければ、カメはまったく動かなくなるうえに、エサも全然食べなくなるので危険です。

水温ヒーターは必須ですね。

そんな理由で、冬場の水替えも必要になりますが、想像以上に寒いし面倒です(笑)

なつかないから愛着がわかなくなる

カメは鳴く事がないので、飼っている人に返事をしたりすることがありません。

飼っている環境によっては、飼い主とほとんど交流もなく、ただ『そこにいるだけ』という状況にもなっているでしょう。

表情がコロコロ変わったりすることもないので、見て楽しんだり話しかけたりする事も普通はないのかもしれません。

が、ボクはメチャメチャ話しかけます。

当然返事はかえってきませんが、話しかける事でボクの声と雰囲気を覚えるようになりました。

特に、ニホンイシガメは性格が非常に臆病なので、誰かになつく事を犬や猫のように簡単にはしませんが、足音や声を覚えます。

当然顔の識別もするようになります。

おそらくこれは、水槽内だけで飼っていると出来ないかもしれません。

カメを散歩させるスペースがあり、好きに歩かせたあとに一緒に帰る・・・という事と、カメの住んでいる場所を毎日綺麗してお世話をしてあげる・・・という事を繰り返していると、いつの間にか慣れてくれました。

8年ほど続けて、声をかけずともボクの足音を聞いて水場から上がって寄ってくるようになったので、4~5年程度ではまだまだ警戒されていると思いましょう。

おそらく、カメは感情表現がうまく出来ないだけで、犬や猫に劣らないほど知能も高く、飼い主にたいしての愛情という感情も持っていると思いますよ。

水槽内だけで飼うのは無理

カメは魚とは違うので、水槽内だけでずっとおとなしくはしてくれません。

色々な場所に黙々と歩いていくのがカメの習性でもあるので、大人になった時に広い場所で飼えなければ、やはり上記の理由から手放そうと考えるのかもしれません。

今まで飼われていたカメが、外の世界に捨てられて寿命をまっとうする事はできるんでしょうか。

カラスや、車や、他にも見た事も無い天敵や危険の中に放りだすのはあまりにも可哀想です。

カメは万年生きると言いますから、自分の人生を共に歩めるほど生きてくれます。

お世話も面倒でなつきにくいところもあるかもしれませんが、長い目で付き合ってあげてほしいと思い記事にしました。

この記事を読んでいただきありがとうございます。

イシガメの里 (わたしのワンダーみぢかな生きもの) [ 松久保晃作 ]
イシガメの里 (わたしのワンダーみぢかな生きもの) [ 松久保晃作 ]

  • ライブドアブログ