体重と体脂肪を落とすには、糖質を摂らない糖質制限(ローカーボ)と、脂質を減らすローファット(脂質制限)があります。

参考記事
減量(カロリー制限) ローカーボ(糖質制限)とは 並行して筋トレをすすめる理由

糖質制限と脂質制限の違い


3大栄養素である、タンパク質、脂質、炭水化物。

このうち、炭水化物というのは糖質と食物繊維で構成されたものです。

この糖質を制限していくことは、結果炭水化物を減らしていく事になります。

米やラーメン、パスタやケーキと言った普段みなさんが食べている物ほぼすべてに糖質は入っています、コレを制限(実際はほぼ食べないように)するのがローカーボです。

脂質は肉の脂身、鳥肉の皮など、ゆでたまご、油揚げ、チーズ、バターやマヨネーズ、サラダ油など。

ボクは脂身が苦手なので普段の食事でも避けています。

ボクのような脂質を普段からあまり摂らないタイプの人は、脂質を減らしていく事もそれほど苦ではないと思います。

逆に糖質制限は、普段の食事からご飯やパスタ、ラーメンといったものから、ケーキ、チョコレート、アイスクリーム等々、炭水化物を摂らないようにしていくので、正直キツイです。

糖質はあらゆる食べ物に含まれているのと、基本的に誰もが普段から口にするものなので、これを制限して減量していくのは簡単な事ではないと思いますし、自分で知識をつけて勉強して取り組んでいく必要があります。

僕がやった減量は、そこまで厳しいものではなく、普段の食事から炭水化物を減らしていき、脂質も減らしていくものです。

体脂肪率は20%から10%まで落とす事ができました。

参考記事
筋トレ 減量78日目 体脂肪率10%へ

例えば、糖質制限の場合

ご飯や麺類は摂らずに、タンパク質と脂質からエネルギーを摂るようになります。

この、脂質からエネルギーを摂るのが難しいです。

ボクのように脂身を嫌う傾向のある人は、脂質制限をしながら炭水化物を少しずつ減らしていく方が無理なく減量できると思います。

なにより精神的に楽なのは脂質制限でした。

減量に向いているのはどっちか?

両方試しましたが、結果はどちらも一緒です。

違うのは、減量していく過程でしょうか。

ローカーボは短期間で結果を出すことが出来る。

普段口にしている、糖質を一切摂らないので、当然エネルギーは減ります。

筋トレをしながら実行していけば、脂質制限よりもはやく結果を出すことが出来ると思います。

ただし、タンパク質は相当に摂る事、脂質も同じように摂らないと急激に体重は落ちるかもしれません。

糖質依存症が出る事もあります・・・たぶん出ます。

糖質依存症とは?

ボク達は、生きているうちにたくさんの糖質を摂って生活してきました。

コレを極端に減らす、もしくは摂らないようにすると、不安になったりイライラしたりするので、情緒不安定になる事があります。

ちょうど、お酒やタバコを禁酒、もしくは禁煙した人が

『イライラしたり、落ち着かなくなる』症状と似ています。

糖質制限をすすめる人は、ここをちゃんと理解しておかないといけません。

続けて行けば慣れて気にならなくなりますが、そこまでいければ体脂肪一桁であろうが、どうという事はなく出来ると思います。

それだけ長期間の糖質制限を続けていくのは精神的にキツイです。

ローファットは糖質を極端に減らすわけではないので、緩やかに痩せていく。

こちらは糖質(炭水化物)を完全に切るわけではありません。

脂質と糖質を減らしていくだけでも痩せる事は出来ます。

長期間を目標にすれば、脂質制限のほうが精神的に楽だと思います。

どちらにしろ、タンパク質は多めに摂りながら、筋トレもやる。

これが一番大切です。

特にタンパク質は減量中は特に意識して、出来るだけ食事から摂りたいところです。

筋トレをしても、材料となるタンパク質は、減量中はさらに消費されていくので、積極的に摂るようにしないと自分の理想とする体型にはなれません。

ただ痩せるだけなら、それほど苦労する事無く痩せる事は出来ますが、体脂肪を落とすのは筋トレをして脂肪を燃焼させなければ落とす事はできません。

タンパク質の摂取と筋トレは出来る範囲で、短時間でもやった方が良いと思います。


それでは、今日はこの辺で。

この記事を読んでいただきありがとうございます。

今日も一日お疲れ様でした。

[SDカード付]タニタ 体組成計インナースキャン BC-622 [送料・代引手数料込]在庫あり
[SDカード付]タニタ 体組成計インナースキャン BC-622 [送料・代引手数料込]在庫あり