お疲れ様です。

バーベルベンチプレスで100キロを目指す

今回は痩せている人が体重を増やす件について。

バーベルベンチプレスで重量を上げる、そして更新して重量を伸ばす場合

自分の体重が大きく影響します。

ボクがトレーニングを始めたころは体重が50キロでした。

筋トレで自分の体重を増やすなんて考えもしませんでしたから、一生懸命にトレーニングはするんですが

その後の自分の食事はトレーニング前とほとんど変わらず・・・

それが、ある事がキッカケで体重を増やす事になります。


そのある事とは・・・

ボクはホームジムを始める前に1年と半年の間ジムに通っていたのですが

そのジムにものすごい体をされた会員さんがいらっしゃり、その方に言われたのが

『もっと食べて太りなさい』

『なんでも良いから食べて太らないと、今より重い物は扱えないよ』

そう言われたのがキッカケです。

ありきたりの会話かもしれませんが

その方は還暦をとっくに過ぎていらっしゃった事

ボクの人生の倍近く生きてこられて

かつトレーニング経験と知識は深く広かったこと

トレーニングで結果を出された体をもっていた方の言葉に、疑いの余地はなく

『とにかく食べる』

をさっそく実行するようになります。

ボクの中で、ベンチプレス100キロは

『トレーニングの継続とそれなりの体重があれば絶対に上がる』

と考えていて

ある意味難しいのは、トレーニング内容よりも

『食べる事』です。

ボクのように生まれつき痩せ体型で、食事をとる事にあまり執着がない人の場合

トレーニングはとにかく一生懸命にやる傾向にあります、それは今の自分の体を変えたいと思う気持ちが

『標準体型よりも細いから、せめて人並に』

と考えるから。

ですが、食事を積極的に摂る事が出来ないので、重量はおそらく頭打ちになります。

ベンチプレスの重量は、トレーニングをすれば必ず伸びてきますが

それは初心者のうちだけです。

自分の今の体重で上げられる重量ギリギリまできたら

どうやってもそこからはパッタリ上がらなくなります。

例えば、体重60キロほどの人が頑張って80キロまで上げてパッタリ伸びなくなったとして

そこからさらにトレーニング法を駆使して90キロへ

さらには100キロを目指せ!・・・っと言うのは酷な話しです。

出来ない事ではありませんが、重量が停滞する・・・ということの原因の一つに

筋肥大する為に栄養が足りていない

ということもあって、食事を摂ることに重点を置いていない人、体重を増やす事を嫌う傾向にある人は

栄養不足になりがちです。

トレーニング内容のレベルの高さをつきつめていくのは、食事とセットでなければ無理です。

では、体重何キロあれば100キロ上がるのか?

コレは良く聞く質問で

正直に言って分かりませんが、調べてみると、体重70~80キロ前後で上げている人が多いのですが

それでは、今体重が70キロある人はすぐにベンチプレスで100キロ上がるのか?

となれば・・・そんなわけはありませんよね。

体重〇キロでベンチプレス100キロ上がる・・・とは言い切れません。

言い切る事はできませんが

もしあなたがボクと同じ体質、体型ならば、相当な量を長い月日をかけて食べることになるかもしれません。

体質とは・・・ボクは筋肉がつきにくく痩せやすい体質です。

体型とは・・・ボクは35年間、体重が50キロ台を超えた事がありません。

骨格も細く、典型的な痩せ型でした。

なので、体重を増やすと一言で言ってもボクの場合

頑張って食べても増えない・・・のではなく。

元々の食事が少なかったので

『食べてるつもりでも、人並にすら食べていなかった』

だから体重が中々増えませんでした。

ちなみに、50キロから58キロまで増やすのに1年かかり

それから70キロまで増やすのに2年

50キロから70キロへ、20キロ増やすのに3年かかりました。

この話しは、なにも痩せている人だけに関係しているのではなく

標準体型の方でも同じことが言えます。

筋トレをしていない時は体重を増やす事を嫌うもので

それがそのまま筋トレをはじめても

『体重は増やしたくない』という考えがどこかにあります。

その考えは食事を摂る事に歯止めをかけて、大事な栄養が不足していきます。

どれだけ素晴らしいトレーニング方法があっても、エネルギーが足りなければ体は大きく強くなれないので

『食事』=『トレーニング』

という考え方を毎日もっていかないといけません。

栄養不足で一番怖いのが

タンパク質の摂取が極端に低い場合

タンパク質は筋肉になる為の材料でもあるのですが、筋トレをしていない人の場合

普段の食事でのタンパク質摂取量がとても低いです。

これは、日常の食事からタンパク質を摂る事が難しいから

これは『慣れ』・・・『習慣』なんですが

トレーニング経験が長く、食事管理が出来るようになった人は、みなさん食事からタンパク質を摂っています。

食事からタンパク質を優先して摂る事を『習慣』として覚えたからできるんですが

最初のうちは色々な物を試行錯誤して食べるので慣れていません。

そこで、タンパク質を普段から手軽に摂れるように

プロテインがあります。

プロテインとは日本語でたんぱく質

普段の食事で足りていないたんぱく質を、プロテインと呼ばれるサプリメントで補う事ができます。

P1030022

コレはボクが使っているバルクスポーツのプロテイン

NEW!ビッグホエイ 5kg (フレーバー付き)
NEW!ビッグホエイ 5kg (フレーバー付き)

トレーニングを日常的に行う場合、強度が高くなればなるほど筋肉はより強く、太くなろうとしますが

たんぱく質が足りない状態・・・つまり栄養不足では筋肉が育つことはないので

たんぱく質に特化したプロテインを補給してあげることで、その不足を補いなおかつ、筋肉の成長を促す目的があります。

上級者の方も愛用されているプロテインは、たんぱく質の摂取がうまくできない初心者トレーニーにも役に立つサプリメントです。

それではまた次回に、この記事を読んでいただきありがとうございます。

BlogPaint