029


パワーラックを置くには、部屋の間取りと相談して決めていかなければいけません。

かなり大きな物で高さもありますから、耐震防音の対策もするなら、そのスペースも大目に計算しておかないといけませんね。



ボクは4畳半の部屋に設置しましたが、置く場所と向きは一ヶ所しかありませんでした。

パワーラックは長方形の箱型の形をしていますが、高さもかなりあります。

ベンチを置く場所、バーベルを置く場所、セーフティーバーを入れる場所。

パワーラックにも前や後ろがあります。

部屋のどこに設置するか希望するところもあるかもしれませんが、間取りによってはよく考えないと設置したけど駄目だった・・なんて事もあるかもしれません。

ボクは当初ブログを書くつもりがなかったので、記録として設置までの写真を残していません。

今にして思えば、写真を撮っておくんだったなーと思っています。

そこで、まったく同じ部屋を使ってみようかと考えました。

P1030065

この部屋は同じ家にある、ボクの部屋と同じ4畳半の部屋です。

窓の位置が逆なのと左奥にクローゼットがある以外は広さは同じです。

この写真には写っていませんが、右側にもクローゼットがあります。

現在設置しているパワーラックのある部屋と、間取りはまったく同じです。

この部屋にパワーラックを設置するとしたらどこに置きますか?

P1030075

ベンチとバーベルシャフトを置いてみます。

この部屋は四畳半の広さです、バーベルを置くとかなりスペースを取るのが伝わるかと思って一緒に写してみました。

シャフトはモリヤのバーベルシャフト、204㎝のものをつかっています。

ベンチはボディーメーカーのフラットベンチEX です

フラットベンチEX【BODYMAKER ボディメーカー】筋トレ 腹筋 筋肉 ダンベル 自宅 ベンチプレス 上腕二頭筋 スポーツジム 肉体改造 二の腕 バーベル ウエイトトレーニング 筋力トレ
フラットベンチEX【BODYMAKER ボディメーカー】筋トレ 腹筋 筋肉 ダンベル 自宅 ベンチプレス 上腕二頭筋 スポーツジム 肉体改造 二の腕 バーベル ウエイトトレーニング 筋力トレ


一番目
は右の窓のあたり。

ここにパワーラックを置くと、窓の開閉が面倒になりそうなのが気になります。
窓はやはり潰したくありません。


P1030086
 
こんな感じで物も置けたりするので、パワーラックで潰したくないなーっと。

P1030076

2番目は奥の窓のあたり。

この部屋は2階にあり、このカーテンの向こうにはベランダがあります。

ここからベランダに出て布団を干したりします。

この大きな出窓と左にあるクローゼトを潰さないように設置するには、真ん中寄りに置いた方がよさそうですね。

バーベルシャフトを置いてみるとよく分かりますが、パワーラック設置には横の幅をかなりとるんです。


P1030078

3番目は左の壁側です。

左奥にあるクローゼットを潰さないように設置すればいけそうですですが・・・

実際にパワーラックを設置する前に、防音対策用のマットを敷きながら、クローゼットの開閉を確かめないといけませんね。

これが結構面倒なんですよね・・・

P1030080

4番目は真ん中です。
この位置なら問題なさそうですが、写真には写っていないクローゼットと部屋の出入口の扉が気になります。


P1030087

反対から写してみました。

左のクローゼットは手前に引いて開ける折りたたみ式の扉です。

右は廊下に出るドアです。

うまく設置すれば真ん中に置けないことはありませんが、クローゼットからの出し入れと、部屋を出入りする開閉が面倒くさいです。

さて、1番目から4番目の中から選ぶなら、ボクは3番目の壁側に設置します。

実際設置していますが。


P1030090

ハードパワーラックSP【BODYMAKER ボディメーカー】スクワット ベンチプレス チンニング すね ふくらはぎ トレーニング 脚 大体二頭筋 大腿四頭筋 胸 大胸筋 肩 三角筋 手首 上腕三頭筋 大殿筋 背中 広背筋 腹筋 上腕二頭筋
ハードパワーラックSP【BODYMAKER ボディメーカー】スクワット ベンチプレス チンニング すね ふくらはぎ トレーニング 脚 大体二頭筋 大腿四頭筋 胸 大胸筋 肩 三角筋 手首 上腕三頭筋 大殿筋 背中 広背筋 腹筋 上腕二頭筋

出入口のドアが違いますが、間取りはすべて同じです。

パワーラックを真ん中に置いてしまうと、自分が部屋を移動するときに邪魔になります。

どちらかに寄せれば、空いたスペースが動線になり、ストレスなく部屋を動き回れます

ベンチプレスやスクワット以外の、ダンベルやwシャフトを使ったトレーニングをすべてパワーラックの中だけで行うのは無理です。

パワーラックの中はそれほど広くありません


空いたスペースがあれば、そこで自分が思いついた違うトレーニングを行う事ができますし、自分が動き回れる動線を作っておかないと後々ストレスになるかもしれません。

人の住む家は当然人が住むことを前提に考えて作られています。

窓やクローゼット等、色々なものをすべてつぶしてもいいなら話しははやいのですが、10年20年パワーラックのある部屋を使い続ける事を考えれば、出来るだけ使いやすいように考えて設置した方がいいと思います。

今回使った部屋は窓やクローゼットなどもありますが、四畳半と狭いスペースでパワーラックを設置するのに何か月も悩みました。

とりあえずジョイントマットだけ敷いてみて、防音と重量の対策も考えていました。

参考記事
パワーラックを設置する 防音と重量への対策①

パワーラックはその大きさも悩みの種ですが、バーベルのシャフトの長さも考慮しておかないと、横幅はパワーラックより遥かに場所をとります。

設置までにやる事が多くて時間もかかりますが、ホームジムは色々なトレーニングができます。

特にパワーラックは、高重量を安全に扱えるという点では最強です。

自分の限界を突破して重量を増やしていくには、これほどうってつけのトレーニング設備はないと思います。