無題

ノーマルバーベルシャフトに比べ、オリンピックシャフトは遥かに重い重量を組む事ができます。

ノーマルシャフトかオリンピックシャフトか・・・

悩むところではありますね。


ノーマルのシャフトは想定される設定重量が150キロ前後

180キロやそれ以上の重さでもノーマルのバーベルシャフトでトレーニングはできますが

メーカーが推奨している重量を超えて何かあっても・・・嫌ですよねー・・・

スクワットやデッドリフトはトレーニング次第ですが

100キロを遥かに超える重量を強化して扱う事が出来るようになります。

オリンピックシャフトはノーマルシャフトよりも高重量に耐える設計で作られています。

さらにそれ単体でも重いので、重量設定が楽にできます

ノーマルシャフトは約10~11キロ 

オリンピックシャフトは約20キロ

シャフト本体だけで10キロも違います。

オリンピックシャフトは、耐荷重量がノーマルシャフトより遥かに上な事もメリットの一つですね。

しかし、オリンピックシャフトはプレートを入れる部分の直径が50㎜と大きいので、

ダンベルプレートとの併用はできません。

ダンベルプレートは穴が28㎜です。

また、
シャフト本体が220cmの物が多く、狭い部屋だと使えない事もあります。

ノーマルシャフトは最大約200cmです。

それでなくとも、バーベルシャフトは長いのですが、オリンピックシャフトはノーマルシャフトよりさらに長いので

ここが1番のネックです。

逆にノーマルシャフトはオリンピックシャフトほどの頑丈さはありませんが

長さが丁度よく、初心者にも使いやすいのがメリットです。

後は価格ですね。

オリンピックシャフトの方が高めです。

【Φ28mm高品質バーベルバー】IVANKO(イヴァンコ)社製エクササイズスタンダードバー IB-20 長さ2070mm|バーベル バー バーベルシャフト シャフト ウエイト ウェイト ウェイトトレーニング ウエイトトレーニング トレーニング用品 筋トレ
【Φ28mm高品質バーベルバー】IVANKO(イヴァンコ)社製エクササイズスタンダードバー IB-20 長さ2070mm|バーベル バー バーベルシャフト シャフト ウエイト ウェイト ウェイトトレーニング ウエイトトレーニング トレーニング用品 筋トレ

こちらはイヴァンコのノーマルシャフト価格は13000円ほど

そして・・・

IVANKO(イヴァンコ)パワーリフティングバー OBX-20[Φ50mm用バーベルバー]
IVANKO(イヴァンコ)パワーリフティングバー OBX-20[Φ50mm用バーベルバー]

こちらがイヴァンコの高級オリンピックシャフト

耐荷重量600キロですか・・・そうですか・・・

値段は高いんですが、売り切れになってたりするんですよコレ。

そして、オリンピックシャフトで高重量のトレーニングをするのなら、ビクともしないようなパワーラックが欲しくなるのが人の業です。

【ポイント10倍!】【送料無料!】グリシン1kg付き!POWER TEC-パワーテック-★人気のパワーラック★WB-PR16★【代引き不可】
【ポイント10倍!】【送料無料!】グリシン1kg付き!POWER TEC-パワーテック-★人気のパワーラック★WB-PR16★【代引き不可】

比較的手の出しやすい価格帯のパワーラックは、耐荷重量が150~250キロほどですが、より強いパワーラックは値段も高いです。

ボクはノーマルシャフトを使っています。

不満はありません・・・が・・・

ホームジムを始めて5年ほどですが、ブログを書くようになり、シャフトをもう一度調べていると

オリンピックシャフトでも悪くなかったなと思ったり・・・

当時はオリンピックシャフトなんて自分には縁の無い物だと思っていたんですよねー

デッドリフトで150キロ以上を組んでいる時に思うのは、

オリンピックシャフトならもっと楽に組めるのかなー・・・

とか手を抜いた事を考えています。

ですが、もういまさらノーマルシャフトから新しく新調したくても

プレートが170キロぶん以上あるので、さすがに買い替えはちょっと無理ですねー


この記事を読んでいただきありがとうございます。