BlogPaint


ダンベルベンチプレスでも、バーベルベンチプレスでもやはりトレーニングベンチは必要になります。

普通の台に寝転がってやっても、ダンベルの重さとトレーニングする人の体重で潰れてしまい危険です。

ベンチに座って行う種目もあるので、1台持っていれば自分のやりたいトレーニングの幅が広がります。

トレーニング用ベンチは頑丈に作られているので、少々の重量では壊れたりしません。

耐荷重量もありますが、フラットベンチとインクラインベンチでは耐えられる重量も値段も違います

普通に考えてベンチが壊れるほどの重量を扱ってトレーニングする事はないと思いますが

フラットベンチとインクラインベンチで悩んでいらっしゃる方もいるかもしれないので(値段がまず違います)今日はそのお話しを記事にしてみました。


パワーラックを持っている方ならベンチプレスをすることも考えて100%、トレーニングベンチを持っています。

もちろんパワーラックなんて無い人も、ダンベルトレーニングをするためにトレーニングベンチを持っています。

逆にこのベンチが無いと、トレーニングの幅は広がらず重たい重量を扱った筋トレは出来なくなります。

トレーニングを行うベンチは、フラットベンチ、インクラインベンチ、デクラインベンチの3種類のトレーニングベンチがあります。

フラットベンチは比較的手ごろな価格で手に入る上にインクラインやデクラインよりも、頑丈さがウリです。

【安定感抜群の高品質】TUFF STUFF(タフスタッフ)フラットベンチ[CFB-305]【02P05Nov16】
【安定感抜群の高品質】TUFF STUFF(タフスタッフ)フラットベンチ[CFB-305]【02P05Nov16】

インクラインベンチやデクラインベンチが弱いというわけではありませんが、フラットベンチよりも構造が少し違うので、シンプルなフラットベンチに比べて、耐荷重量は若干落ちます。

とはいえ、そこはトレーニング用のベンチなので簡単に壊れることはないでしょう。

インクラインベンチは、フラットベンチでは行えない、もしくは行いにくい種目が安全にできます。

背もたれを起こしたインクラインベンチプレスはその代表です。

フラットベンチとは違い、構造に手を加えられているので値段も高めです。


フラットインクラインベンチEXーV2【BODYMAKER ボディメーカー】筋トレ 腹筋 体幹トレーニング 筋肉 格闘技 自宅 ベンチプレス ダンベル 上腕二頭筋 スポーツジム 肉体改造 二の腕 腹筋マシーン
フラットインクラインベンチEXーV2【BODYMAKER ボディメーカー】筋トレ 腹筋 体幹トレーニング 筋肉 格闘技 自宅 ベンチプレス ダンベル 上腕二頭筋 スポーツジム 肉体改造 二の腕 腹筋マシーン
ボディーメーカー 価格30240円税込 送料別


【ポイント10倍!PCから要エントリー!7/17(日)10時-7/20(水)9時59分まで】IROTEC(アイロテック) マルチポジションベンチ/ダンベル・ベンチプレス・トレーニング器具・筋トレ・バーベル・ホームジム・トレーニングマシン・インクライン・フラットベンチ
【ポイント10倍!PCから要エントリー!7/17(日)10時-7/20(水)9時59分まで】IROTEC(アイロテック) マルチポジションベンチ/ダンベル・ベンチプレス・トレーニング器具・筋トレ・バーベル・ホームジム・トレーニングマシン・インクライン・フラットベンチ
アイロテック 価格24840円税込 送料無料

フラットインクラインベンチ 角度調整 14段階調節 トレーニングベンチ トレーニング器具 ベンチ 筋トレ ダンベル ベンチプレス ダンベルトレーニング 器具 スポーツジム 道場 組立 簡単【送料無料】
フラットインクラインベンチ 角度調整 14段階調節 トレーニングベンチ トレーニング器具 ベンチ 筋トレ ダンベル ベンチプレス ダンベルトレーニング 器具 スポーツジム 道場 組立 簡単【送料無料】
FIELDOOR 価格11000円 送料無料

BODYCRAFT(ボディクラフト) フラットインクラインベンチ F603 II
BODYCRAFT(ボディクラフト) フラットインクラインベンチ F603 II
BODYCRAFT(ボディクラフト) 価格56160円税込 送料無料

【動画参照】【フラットベンチ】【完全組立発送】 Bodysolid ボディソリッド フラットインクラインベンチ GFI21
 Bodysolid ボディソリッド フラットインクラインベンチ GFI21
BODYSOLID 価格51840円 送料無料

最近はインクラインベンチを出しているメーカーも増えましたね、5~6年前は割と高い物しかありませんでしたが、今は2万円を切っているものまであるんですね。

ちなみに・・・インクラインベンチやデクラインベンチの購入は筋トレで行える種目はどんなものがあるのか

その種目を行えばどの筋肉に効かせることができるのかを、ある程度理解してからでも遅くはないかなと私は思いフラットベンチを買いました。

今から5年以上前ですが、当時のボクはインクラインベンチなんてまだ早いと思っていたんですねー

インクラインでトレーニングする目的は、シートを起こして行う種目がやりたいからです。

そうでなければフラットベンチで十分ですが・・・

ボクの場合、フラットで寝転がってやる筋トレに飽きるからです。

体が慣れると言った方がいいですが、トレーニングをする本人も、刺激を変えてやらないと慣れてしまいます。

筋トレを何年も続けて行くと、自分だけのトレーニングメニューができてきます。

『今週は足をメインにやったから、明日からは胸と肩をメインにやってみようかなー』

とか、その中でどんな種目をやるか自分で得意、不得意も分かってくるので

臨機応変にというよりボクは適当に種目を選んでやるのですが

その適当な選択肢の中にインクラインがあるとそれを選択する幅が広がる・・・という感じです。

さて、気になるのはボディークラフトのベンチです。

価格は56160円と高いのですが、インクラインでの耐荷重量200キロはすごい。

安定感は文句ないでしょう。

フラットベンチはインクラインベンチより手が出しやすい価格です。

ダンベルとベンチがあればダンベルベンチプレスを行う事ができますし

他にもダンベルローイングやダンベルプルオーバーなど、今まで出来なかったトレーニングが行えるようになり、筋トレの幅は飛躍的に広がります。

ボクはパワーラックでベンチプレスがやりたかったので、フラットベンチをまず探しました。

その時に注意したのが、耐荷重量と、シートの横幅です。

もちろん値段も。

耐荷重量はそのままの意味ですね、そのベンチが何キロの重量まで耐えられるか目安をメーカーが設定しています。
※表記していないメーカーもあります。

べンチには自分の体重とトレーニングで使うダンベルやバーベルにプレートなどの重量がかかります。

メーカー表示は、横、縦、高さは書いてありますが、シートの幅までは書いていなかったりします。

シートの横幅があまりに狭いと、仰向けに寝た時に、肩がはみだしてトレーニングした時にどうなのかなと思いましたが

現在のメーカーが出しているフラットベンチは、どこもサイズはあまり変わらないようですね。

フラットベンチを探していた当時、ベンチプレスで何キロあがるかさっぱり分かりませんでしたが・・・何の根拠もなく耐荷重200キロもあれば十分かと思い、探して購入したのがボディーメーカーのフラットベンチEXです。


フラットベンチEX【BODYMAKER ボディメーカー】筋トレ 腹筋 筋肉 ダンベル 自宅 ベンチプレス 上腕二頭筋 スポーツジム 肉体改造 二の腕 バーベル ウエイトトレーニング 筋力トレ
フラットベンチEX【BODYMAKER ボディメーカー】筋トレ 腹筋 筋肉 ダンベル 自宅 ベンチプレス 上腕二頭筋 スポーツジム 肉体改造 二の腕 バーベル ウエイトトレーニング 筋力トレ

ボディーメーカーのフラットベンチEX‐Vは耐荷重量250キロ、評判も上々でした。

気になっていたシートの幅も、問題なさそうだったのですぐに決めました。

確かに人気なようで、よく売り切れになっているようです。

今日までプレス系のトレーニングはもちろん、座ってダンベルを扱うトレーニングや・・・


P1030051

インクラインベンチ的な使い方をしたり・・・

スナップショット 1 (2016-07-20 22-35)

こんな使い方をしていますが、壊れたりシートがヘタれる等の不具合もなく頑丈で良い物だと思います。

シートの横幅ですが、フラットベンチEX のシートの幅は約25㎝です、これは他のメーカーのベンチと比べても狭くはありません。他もだいたい25㎝前後だと思います。

個人的にベンチのシートにしっかり肩をつけたいので、25㎝はほしいかなと思います。

ダンベルフライなどをやると、これくらいで丁度いい感じです。

トレーニングベンチは筋トレで行える種目を広げてくれます。

なにより、頑丈なので重量を扱うトレーニングでは必須アイテムなります。

フラットベンチを、インクライン的な使い方でダンベルトレーニングをしていますが、バーベルでのインクラインもやってみたいなー・・・っとか思ったり。

しかしインクラインベンチを置くスペースが部屋に無いので、買うとなるとフラットベンチの置き場所を考えないといけません・・・

たらればですが、バーベルベンチもやった事が無かったボクが、いきなりインクラインベンチを買うという発想がなかったわけですが

今にして思えば最初にインクラインを買っておくんだったなーっと今になって思っています。

この記事を読んでいただきありがとうございます。